【クラウドワークス】ライターデビューしてみたい方に【体験談】

スポンサーリンク

 私が登録したクラウドソーシングサイトはCrowdWorks(クラウドワークス) です

近頃はリモートワークという言葉がすっかり浸透しました。通勤時間に貴重な時間を奪われるでもなく、職場に拘束され窮屈な気分で働くのでもない、新しい在宅勤務の形態が増えています。

このような自由な働き方が広がる一方で、在宅ワークに興味はあるけれど「ネットで収入を得てみたいけど怪しいのでは」とか「どういうサイトに登録したら良いかわからない」とか「資格がないとできないのでは?」と不安に思われて一歩踏み出すことができない方もおられることでしょう。

このページでは在宅ワークに憧れてクラウドソーシングサイトに登録した、運営者topi(資格なし特技なし)の体験をご紹介します。

スポンサーリンク
目次

クラウドソーシングサイトの実際

クラウドソーシングはアウトソーシングの形態の一つで、業者が個人に業務を発注するという業務形態をとっています。
これにより発注側は人材採用コストを抑え、必要な時にピンポイントで業務を発注できますし、受注側は自分のスキルを活かし、好きなタイミングで働けるというメリットがあります。

募集されている業務内容は、記事作成翻訳など、またWebアプリの制作など専門ソフトや知識を必要とした業務まで多岐にわたります。

業務の始め方

業務を始めるにはまずクラウドソーシングサイトで登録をします。

今回登録したのは、CrowdWorks(クラウドワークス) というクラウドソーシングサイト。クラウドソーシング界の最大手という安心感がありました。

登録は簡単です。登録する段階では、実名や顔写真、履歴書を出す必要もありません。
アイコン画像は登録したほうが受注率が上がるようです)

簡単な経歴とプロフィール欄を整えて、ひとまず完了。スマホひとつで終わり。
気になる案件があればもう応募できます。(※業務の内容によっては本人確認が必要な場合があります

早速、募集案件を見ると「ライター募集!」とか「動画編集者募集!」といった見出しが軒並み並んでいます。

ちなみに私は大した資格も特技も経験もありません。簡単な記事作成ならできるかも?とダメ元でいくつか応募してみるも、やはり実績がない状態ではなかなか契約に至りません。 

私のように資格・特技・経験なしの場合は、まずは小さな実績を積み重ねていくことで信頼してもらうしかなさそうです。

実績の作り方

そこで、アンケート形式のような小さな案件を積み重ねていくことで、受注実績を作り、信頼してもらえるプロフィール欄を目指すことにしました。

5~10分程度で回答できるようなアンケート案件。 
案件にもよるけど、報酬は数円~数十円~たまに数百円
回答に時間を要するものほど単価が高くなります。 

例えば、バレンタインの時期に実際にあったアンケートでは「一番オススメのチョコレートは?オススメのポイントも教えてください」などがあり、チョコレート好きとしては文字数制限超えで熱く語ってしまいそうな(笑)楽しいアンケートもありました。

そんなこんなでコツコツ回答を重ね、トータル200円を貯めたころ、気が付きました。 

このお金を自分の銀行口座に出金するには手数料がかかるということに。 

クラウドワークスでは1000円以下のお金を自分の口座に出金するためには手数料がかかります。 
数百円の利益をもらうために数百円の手数料って、正直割に合いませんよね。 

仕方なく、まずは1000円超えるまでは現金化しないでクラウドワークスに預けたままにしておくことにしたのですが
「いつか超すことができるのかな・・・」
一抹の不安を抱えながらも、スキマ時間で簡単アンケートに答える日々が続きました。

記事作成に応募

クラウドワークスで簡単なアンケート案件を探すのが日課になってきたころ「これなら自分にも書けるかも?」という記事作成の案件を発見しました。

少しだけ、専門知識の必要な(調べたらわかる程度です)記事作成でした。
記事のボリューム量も初心者には書きやすい450文字。

「これなら書ける気がする。応募してみたい。」「でもライティング実績のない私に任せてくれるかな。」
不安がよぎりますが、ここで動かなければ何も変わりません。

応募するのはタダだし、ダメ元でいいからやってみよう、と自分に言い聞かし、思いつくまま熱く志望動機を記載し、応募。
募集主さんが当日中にお返事くださり、なんと、そのまま依頼してくれたのです!

早い展開でした。実績のない私に依頼してくださったのは本当にありがたいことです。 

募集開始すぐに応募したことと、ほんの少しだけ専門的な記事だったので、応募する方が少なかったのもラッキーでした。 

内容は、記事作成(450字)で報酬900円の案件です。
 1字2円 
自分のような若葉マークには高単価といえるかもしれません。

下調べ~記事作成、そして納品

早速、記事作成に取りかかります。

下調べに3、4時間、執筆に2、3時間。 トータル 6時間ほど費やし、記事作成
誤字脱字がないかチェックして、修正。指定された形式で納品完了。
ふぅ~。安堵のため息が出ます。
すぐに検品していただき、1回でOKいただくことができました。
これで業務完了です。

報酬900円也
そこから クラウドワークスさんの20%の手数料を差し引き、720円が私の取り分でした。

 時給換算すると120円/1時間 笑

とはいえ自分の力で得た報酬はなんとも感慨深いものがあります。 

初めての受注で感じたこと

初受注はこうして無事完了することができました。
今回感じたことは、受注するからには「責任が伴う」ということ。
募集主さんはこちらを信用して依頼してくださっているので、それに応えたい気持ちも芽生えます。
下調べに費やす時間も含めても、チャレンジしたいことかどうか、見極めも必要かもしれません。

時給換算するとちょっぴりさみしい金額ではありますが、それを考慮しても、納品後の爽快なやりきった感は格別です。笑
また、今回は初めての記事作成ということで時間がかかりましたが、慣れるともっと時短できると思います。
自分では今回挑戦してよかった、と思っています。何事も経験ですよね。

何かを始めたいと思ったら、まずははじめの一歩を踏み出すこと。
それがHappyな未来につながっていくと信じて進んでいきたいですね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる